忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
忍者ブログ | [PR]
日常を細々と綴る場所 コメント自由
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ガイドさん「ワタシ、クレヨンしんちゃんよく見る。アンパンマンは見たことがないから見てみたい。
アンパンマンって、どんなの?」
友人「えっと…子供向けの…」
ガイドさん「子供なの?しんちゃんと同じ?しんちゃんは、子供。ひまわりは、赤ちゃん。みさえは、お母さん。で、アンパンマンも…」
私「そういうことなら…アンパンマンはヒーローです。頭がアンパンでできたヒーローです

改めて説明するとなんてシュールなのだろう…アンパンマン…

 11月うっかりと1度も日記を書きませんでしたねこんにちは。もう1ヶ月足らずで今年が終わるとか恐ろしい話なんですがともあれ夏からずっと書き終わってないバリ旅行記をいい加減終わらせましょう。バリ島旅行記その3です。

 バリ島には合計5日滞在しましたが、5日目はただ帰るだけの日なので実質4日目が最後です。泊まっていたホテルに想像より遥かにすごいプールがありそうなことにようやく気づいていた私達は、明日は朝からプールへ行こうと決め、朝ごはんを主に私がもりもり食べた後水着を持ってプールへ。
 なんやかんやで泊まっていたホテルにタダで受けられるヘッドスパがあるとようやく気づいていた私達()は午前中にヘッドスパの予約も入れてしまったので午前中は大急ぎでホテル内を移動していました。というか色々と気づくのが遅すぎるのではないか…とか気にしてはいけません。ともかくプールです。

プール
プール2
わああ!プールだー!!

はい。見ての通りこれぞリゾート!みたいな素敵プールでした。
残念ながら時間が迫っており、ヘッドスパの後改めて遊びに来ることにして、とりあえず麦わらをかぶったりサマーベッドに格好つけて横たわったりしてリゾートっぽい写真を撮る努力を始める私達。何をしているのか。一先ず満足してヘッドスパへ。

超庶民の私達はヘッドスパ何それおいしいの?みたいな勢いでしたが、なんか念入りに頭を洗われたりほぐされたり腕を揉まれるようなアレでした(どれだ)。気持ちよかったです。この私のヘッドスパの説明ちっとも気持ちよさそうではないな…(遠い目)。

そしてヘッドスパの後再びプールへ。今度は水着をちゃんと着て泳ぐ努力を始めましたが、地味に水深がある(140cm)上、私はリアルにカナヅチなので、かなり無様な絵面でした(…)。結局泳ぐというか遊ぶというかみたいな感じですがリゾート的にはそれで正しいのでしょう。午後イチで今度は別のスパを予約していたので、40分ぐらい泳いで即上がって出かける準備。いいんだよ!リゾートっぽさを味わえたからなんだっていいんだよ!!(遠い目)

 さて、次は全身のスパです。大抵のスパが客が泊まっているホテルまで車を出してくれる仕様で、私達が予約したスパもそんな感じでしたが、迎えの車が多少遅刻した上スパの電話番号を知らない有様だったので微妙に不安になったりもしました。無事迎えの人と合流して車でスパへ。
 もうこのスパスパ言っておきながらスパってなんやねん感がすごい。昨日出会ったタクシー運転手のおかげで割引料金で、なんかスパを受けました。なんかスパって言い回しがもうこのなんやねん感が(ry

花の散る浴槽
①うつ伏せになったり仰向けになったりしながら全身に何種類かの粉状のものを擦り込まれる
②擦り込まれながらものすごく揉みほぐされる
③ココナッツミルク的な白いもったりしたものをわっさりかけられる
④頭を洗い、刷り込んだものを洗い流す
⑤花の散る浴槽へ

 …みたいな内容でしたが、③くらいまで注文の多い料理店的な気持ちでしたよね…(…)肌がいい感じになったのかどうか最早覚えていませんが、次から次へと謎の粉末やペーストを盛られて何か面白い体験でした。①でいろんな物を刷り込まれるベッドはうつ伏せになった時に丁度見える位置に花の鉢が飾ってありました。花の散る浴槽とか初めて入りました。全てが終わって着替えるターンで何らかの肌ケアを行う物質が入った瓶が何本か用意されていて、自由に使ってよかったのですが、どれが何かよくわからなかったです。とにかく面白い体験でした。

 今回行った店は所謂街スパみたいな感じでしたが、機会があったらバリ島で最高峰のスパというのも行ってみたいなあ。

 スパが終わって送迎車にホテルまで送ってもらい、昼飯を食べてなかったので近くのカフェへ。
ナシ・ルンダンという牛肉を甘辛く煮たものを食べました。これがなかなかおいしかったです。バリ島で食べたものはどれもおいしかったのですが、これが一番好きかもしれない。

 昼食後はその周辺に出ている露店で値切りながら買い物をしていました。もうまさに今頃になって気づいた()のですが、ホテルが結構繁華街にあったのでその周辺が買い物にうってつけな感じでした。お土産屋よりも値切りながら露店で買い物した方が安くて楽しいです(∩´∀`)∩

 やがてガイドさんが迎えに来る時間が迫ってきたので、ホテルに帰還。免税店で夕飯を食べた後、空港へ送ってもらいました。搭乗手続きまで大分時間が空いていたのでカフェで牛乳飲んだり、空港内の店でウィンドウショッピングしたりしましたが、いよいよインドネシアともお別れの時間に。。

 なんかトラブルがあったみたいで飛行機の出発がやや遅れましたが、朝方に日本に到着する便に乗って飛び立ちました。あー。現実が迫ってくるー(ヽ´ω`)
 ガルーダ・インドネシア航空の機内食は相変わらずハイクオリティでした。いい旅だった。。

 ちなみに友人は3日目の夜に食べたかき氷的なパフェでお腹を壊して、それ以後生水っぽそうなものを避ける生活をしていましたが、同じパフェを食べて朝も昼も夜も大量に食べ、空港でウルトラミルク(※そういう商品名の謎の牛乳)を飲んだ私はお腹を壊さずに済みました。大食い大勝利です(…)
 胃腸の丈夫さを維持しつつ、長時間の飛行機で首が痛くてしょうがなかったので次の旅の時は枕とかを持ってこようと思うのでした。
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ Diary ] All Rights Reserved.
http://dim.blog.shinobi.jp/